2013年7月24日水曜日

関東第4回ゼロからはじめるR言語勉強会

7月20日に東京の品川で関東第4回ゼロからはじめるR言語勉強会開催しました。
私は今回出張で一週間東京にいていろいろな世話になってありがとうございました。
勉強会はブログにアップした課題から始めました。
課題は先月の「グラフパッケージの招待」の復習でした。ggplot2パッケージのqplot関数でトライしてみた皆さん、お疲れさまでした!


阿部さんは回答しています

次に自分が興味を持つ「分類器について」発表しました。R言語で線形判別分析と二元判別分析を実行につて話しました。


休憩ときに画像認識やOpenCVなどしゃべりました。そして量子力学専門家ー良和さんは量子コンピュータについて講義していただきました。
「光子の裁判」を基に泥棒と警察のアルゴリズムを使って量子コンピュータを動き方を説明してくださいました。
ありがとうございました!今度もよろしくお願いいたします。

良和さんの量子と泥棒物語

その後に弊社の飯田が発表しました。六月の勉強会で時間がなくて残念ながら発表ができませんでした。今回は二枚のプレゼンテーションもやっていました!
まず、「ゼロからファンクションを作り方」という講義でした。
基本的な関数のシンタクスを招待して関数が実行を調査について語りました。そして「バイナリ」と「インライン」の高速を調査の結果をいただきました。
二番目のプレゼンテーションは「t検定を勉強してみよう」でした。
弊社の飯田は複雑な統計的な定義を簡単な言葉を使って説明しました。
私にみたいな外国人も分かれました。そしてR言語の例スクリプトのおかげでたくさん勉強ができました。
弊社の飯田の発表は面白すぎて写真を撮るのを完全に忘れました。
弊社の飯田、申し訳ございません。:-(

懇親会で楽しく時間を過ごしました。初めてその長い間東京にいていろいろな聞きたいこと(六本木の雰囲気とか鎌倉の観光地とか)がありました。そして



もんたさんは居酒屋でノートパソコンを出さずにいれません。


関東にいたときはいつもと同じとても楽しかった。
皆さん、誠にありがとうございました。今度もお願いいたします。
また、関東R言語勉強会で一緒に勉強しましょう。


0 件のコメント:

コメントを投稿